アメリカ南部おふくろの味 チキンポットパイ Chicken Pot Pie

家族みんなが大好きなあったかい南部料理。 コトコトチキンを煮てオーブンでじっくり焼き上げるのんびりとしたメニュー。 シンプルなキャンベルスープを使うので、野菜は好きなもの何でも合いますよ!私はマッシュルームをたっぷり入れるのがお気に入りです♪

 チキンポットパイの材料と作り方 材料

  • チキンホールレッグ(片モモ)5本
  • キャンベル「クリームオブセロり」1缶(なければ普通のキャンベル)
  • ミックスベジタブル カップ1 1/2( 350cc分)
  • たまねぎ1cm角に切ったもの 100g

トッピング <ビスケットミックスを使った作り方>

  • ビスクイック(Bisquick)カップ1 1/2(360cc分)
  • 牛乳カップ2/3(160cc) <小麦粉を使った作り方>
  • セルフライジングフラワー(self-rising flour)1カップ(240cc分)
  • 溶かしバター 100g
  • 牛乳 1カップ(240cc)

※セルフライジングフラワーがないときには、以下の分量で作れます。
*薄力粉(all-purpose flour)1カップ(240cc分)
*ベーキングパウダー 小さじ1 1/2 *しお 小さじ 1/2

作り方

  • STEP.1
    チキンレッグを茹でる
    大き目の鍋にお湯を沸騰させ、チキンレッグを茹でます。強火で1時間分ほど、骨がポロリとほぐれるくらいまで柔らかくなったら、冷ましてから身を手でほぐし、ボールにとっておきます。スープは後で使うのでこぼさないでくださいね。
  • STEP.2
    チキンレッグを茹でる
    オーブンを415F(210℃ お義母さんのは温度が高い!)に温めはじめます。
  • STEP.3
    材料をキャセロールに入れる
    9X12のキャセロールに、ほぐした身と湯通ししたミックスベジタブル、たまねぎ、キャンベルスープ、そしてそのスープ缶の2杯分のチキンスープ(鶏だし?)を入れ、混ぜ合わせます。
  • STEP.4
    ビスクイックをのタネを流し入れる
    ビスクイックを牛乳で溶き、おたまじゃくしでキャセロールの具の上全面に、均等に流し込みます。オーブンでビスクイックがこんがりきつね色になるまで焼きます。 ※セルフライジングフラワーを作ったトッピングの作り方は、セルフライジングフラワー、溶かしバター、牛乳をぐるぐる混ぜて流し込みます。

    チキンポットパイ

  • STEP.5
    オーブンから出してしばらく冷ます
    オーブンから出してちょっと冷ましたアツアツを食べると、ビスケットのサクサク感とクリーミーな中の食感が楽しめてとっても美味しいです!かなり熱いのでやけどには気をつけてね。

    チキンポットパイ

  • 出来上がり!

    チキンポットパイ

お義母さんは、何にも計らないでチャッチャと作るんですが、慣れるまではやっぱり計らない失敗ばかりしていました(笑)ビスケットの部分が、ビスクイックをつかわないとむずかしいんですね。

 

味は、見た目はかなりコッテリ風ですが、思ったほどそんなにくどくはないです。

 

残ったチキンスープは、和風洋風中華いろんなメニューに使えるので、一度たっぷりスープを取っておいて小分けにして冷凍しておくと何かと使えで便利。

 

Chicken Pot Pieトリビア:チキンポットパイのレシピがアメリカで始ったのは、なんと1700年代だそうです!開拓民のメニューの中でも最も古いメニューなんじゃないでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)